So-net無料ブログ作成

ライヴメモ~KANA-BOON~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

KANA-BOONのGO!GO!5周年!ごっつ豪華な5シーズン シーズン4
Let's go 55 ONE-MAAN!!
2018年10月28日(日) 高崎club FLEEZ 17:00開場18:00開演
1.JPG
発券した時にコントの様に二度見しちゃった信じられない整理番号。一桁って本当に存在するのね。大きなライヴハウスなら最前列確定だが、キャパ500の小さなライヴハウスのため最前列何人?ギリギリかもって行く前から緊張が止まらない。それじゃなくても長距離電車に乗る日はお腹が痛くなるというのに。
2.JPG
年に2回は来る高崎。いつもだるまが鎮座しているところに恵比須様が。えびす講って所沢に住んでいる時にも地元の方が騒ぎしていたが都内では全く聞かない。高崎にも存在していたのかえびす講。
4.JPG
club FLEEZ到着。万が一呼び出しが早かったら後悔するので開場30分前から待機。10月下旬にしては暖かすぎるぐらいの気候なので屋外待機も苦痛ではない。10分前ぐらいに早い番号の人だけ地下に入れる。いつもとんでもない番号なので先に入れる人達を羨ましく見ていた、まさか自分がその人達になれる日が来るなんて。大きいハコだと入場後に追い越されたりするが、一人ずつしか通れないような作りなのでほぼ整理番号順に最前列のバーに張り付く。
5.JPG
真ん中から上手ギター側が埋まっていたので一番取りたかった真ん中からやや下手のヴォーカルとベースの間。このハコのステージを初めて肉眼で見たが、柵の前がもうステージ。手が届きそうじゃなくて本当に手が届く。

口から心臓が飛び出しそうになるほどドキドキしながら開演。マイクの位置は少し後ろなので届かないんだけど、アンプのところまで出てきてくれると思いっきり触れる。鮪くんにもめしちゃんにも触り放題。こんな日が来るなんて(二度目)でも、演奏の邪魔にならない様に楽器には一切触らなかった。
6.JPG
ステージまでの距離は違ったけど最前列で見たのは4年前の山梨大学梨校祭以来。あの頃はメジャーデビューして2年目に入ったばかり。「目を見てくれないあなたのその目を僕は見たいんです」って歌ってる鮪くんが全く観客の目を見てくれなかった。誰とも目を合わせないように宙を見て歌ってる感じだった。5年目になった今年、びっくりするぐらい目を見て歌ってくれた。それは気のせいや勘違いもあるだろうけど、わたし以外の人もみんな「今わたしと目が合った( *´艸`)」って思ってただろうけど、観客1人1人を見まわしながらニコニコして歌ってくれた。鮪くんも成長したんだなぁ。何度も何度も勘違いできゃぁ(>_<)ってなって、一生懸命なトークで泣きそうになって、ギュウギュウに圧迫されて肋骨が折れるかと思ったけど生きててよかったって心から思うぐらい楽しかった。
7.JPG
高崎のご当地缶バッチはだるま。帰りは食事しながら帰ろうとグリーン券を買おうとしたらICOCAが使えない・・・。SuicaとPASMOとKitacaとTOICAしか使えないそうだ。Kitacaが使えるのにICOCAが使えないなんてー。車内購入で300円ほど高くなってしまったよ、がっくし。次からはSuicaも持って行こう。ちなみに東京人なのになぜICOCAを使っているかというと、関西のバンドが好きだから。

しかし今月は良く遊んだ。1民2キュウソ4KANA-BOON、飲み会1という夢のような1カ月だった。遊びで忙しいのは全く疲れない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライヴセッションと飲み会と(人見知り克服週間) [日々の戯言・雑記]

「●●日は休みですか?」って聞かれて休みだって答えた後でお誘いされたイベントがちょっと苦手だったりすると困るよね。先に目的を言ってよ、今更断れないじゃん・・・って。関西在住のクロマニヨンズ友達の男の子が東京でライヴセッションをやるから見に来て欲しいって言われた。その子に会うのが嫌なんじゃなくて、知ってる人がその子しかいない他に沢山の人がいる空間が凄く「困った事」だったのだ。
7.JPG
でも約束しちゃったから行かなきゃならない。10月20日土曜日、朝から憂鬱な気分で出かける。なにしろ貸しスタジオに入る事すら初めて。恐る恐る中に入ると知らない人が3~40人ぐらいいる。どんな内容のライヴをやるのか聞いていなかったが、ヒロト&マーシーのカヴァーをやるみたいだ。知らない人は苦手だけど音楽は一人でも楽しめるからなんとかなるだろうとジャマにならないように壁に寄りかかって見ていた。
2.jpg
赤いライダースを着ている子が唯一の知り合い。知り合いと言ってもSNSで知り合ったお友達で会った事があるのは1回だけ。興奮して前しか見てないし、そもそもわたしの顔を覚えているのかどうかすら不安で声をかけられない。
3.jpg
来るって知らなかったが途中で共通の友人がやってきた。わたしとは正反対で社交的でガンガン行くタイプの女性なのでやっとそこで声をかけて記念撮影。しかも途中で結婚式の二次会に行くそうで便乗して一緒に抜け出せるという嬉しい特典つき。最後までいるのが嫌なんじゃなくて、最後までいると打ち上げが断りにくそうだったので。今月は休みの日に遊び歩いていたから夕飯は家で食べるって約束してきちゃったし(いくつだよって感じだけど家では娘なので)
4.jpg
人見知りじゃない友人が来てからは普通のライヴぐらいはしゃいで楽しめちゃった。この内向的な性格を何とかしたいものだ。どうして知らない人がいると殻に籠ってしまうんだろう。マーシーそっくりのギタリストさんが歌声までそっくりでびっくりした。しろうとの演奏会かぁって期待してなかったけど、みなさん演奏も歌もすごくうまかった。次はノリノリで参加しようと思う。
1.jpg
なぜかハイロウズの白井幹夫さんがいらっしゃってた。大変失礼だがわたしはハイロウズは全く聞いていなかったので白井幹夫さんの顔を存じ上げなくて「あの車いすのおじさん誰だろう?」と思っていたのだが。記念撮影させていただいたのだけどわたしは超ブスだったのでここは自粛。わたしの隣にいる美女はマーシー激似ギタリストさんの奥様。かわいかったぁ。
5.jpg
翌週10月23日はクロマニヨンズ仲間とツアー決起集会。この手の飲み会もなんだかんだ断ってきたんだけど、あんまり断ってばかりだと誘われなくなっちゃうしたまには行かないと。人見知りのクセに多少は気にしてほしいってのが我儘だよね。

大人数で飲むのはすごく苦手。しかも初めましての人が何人もいるからお腹が痛くなるぐらい緊張。そしてこの店が超絶不味かった。食べ物はもちろん不味くて食べられないし、空腹で不味い酒をガンガン飲んだのでものすごく悪酔いして次の日二日酔い。
6.JPG
お友達の子供が書いてくれた似顔絵。案外似てるww




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学園祭メモ~常盤大学~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

1.JPG
常盤大学・常盤短期大学 ときわ祭 TOKIWA FES.2018 キュウソネコカミ
2018年10月21日(日) 16:30開場17:30開演
3.jpg
今月2度目の学園祭。今度は水戸まで行って来た。ます遠くて驚く。高崎や宇都宮とおんなじぐらいだと思っていたがもっと遠かった。そして駅からバス、このバスの乗り方が難しくて苦手。東京のバスは前乗り前払い均一料金なので、後ろ乗り後払いに慣れてない。さらにメジャーな交通系カードが一切使えず(茨城交通のカードのみだった)現金で払わなきゃならず。これもまた難しくてお釣りが出てくるタイプと両替してから払うタイプがあるから1,000円札を握りしめてドキドキしながら乗っていた。先に崩しとけよって感じよね。
2.JPG
結構地味なエントランス。緑が多くてステキな学校内だったけどわりと寂しい場所にあるから夜になったら怖いだろうな。実際帰りは真っ暗で怖かったし。
4.JPG
今日は全席指定のライヴなので開場前にグッズも買って(またしてもTシャツが増えた・・・)から入場。このチケットは先行販売がなくて、一般発売の日も仕事だったので夜になってから取った。7列目は悪くないけど端っこっぽい番号だなーと予想していた通り。
5.JPG
右端から3番目だった。段差もない体育館なのでステージはかなり見にくかったけど、荷物も置けるし押されないし楽。今日の入場SEは知らない曲だったのだが、途中のトークから察すると茨城出身の誰かの曲だったんだろう。メンバー全員常磐線に乗ってやってきたらしい。同じ漢字なのになんで電車は「じょうばん」で大学は「ときわ」なんだってセイヤくんの疑問。わたしもフリガナがなかったらどっちがどっちかわかんないなー。じょうばん大学かと思ってた。

昨年の城西大学の学園祭(座席指定)の時は運営委員のみなさんに筋斗雲を運んでもらって場内を一周していたけど、今日は中央付近まで脚立を持ってきて脚立の上で歌うという試みだったよ。座席指定の時はこれが楽しみ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライヴメモ~奥田民生~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

11.JPG
奥田民生 MTRY LIVE AT BUDOKAN
2018年10月13日(土) 日本武道館 16:30開場17:30開演
10.JPG
民生の単独ライヴを武道館で見るのは初めてだったかも。商魂たくましくユニコーンのファンクラブに入会しないと最速先行に申し込めないという汚い作戦を取ったくせに、当たった席は2階席。先月行かなかったユニコーンのファンクラブツアーのチケットもZepp Tokyoで1700番台だったしとにかくひどいチケットしかご用意されない。解約決定、やたらと高いし。
14.JPG
まぁ、武道館は狭い(広い会場にしてはって意味)ので2階席でも見えるけどさ。明らかに他の友達と温度差があったわたしは前飲みにも参加せずギリギリに武道館に到着。毎年何回も行ってる武道館、今年はこれが最初だった。
12.JPG13.JPG
屋外の様子。クジを引くためにまたSMAの有料サイトに登録しなきゃならないのか・・・って思ったら解約してなくて登録したまんまだった。あーーー、悔しい。
15.JPG16.JPG
当然参加賞。

2日間の武道館公演の初日だけ行ったんだけど、どうももう民生にはときめかない。あんなに好きだったのになぁ。でも、民生関係で出来たお友達とは会いたいのでツアーがあったら一回ずつぐらいは行くかも。自分でもびっくりするぐらい冷めてしまったので寂しい。また、急に大好きに戻れますように。
17.JPG18.JPG
本日地味に加齢記念日でした。プレゼントありがとう、まりちゃんとりなちゃん。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レコ発イベント [ライヴ・イベント・その他娯楽]

本日はザ・クロマニヨンズの12枚目のアルバム「レインボーサンダー」のフラゲ日。発売日の前日に店頭でもオンラインでも当たり前の様に買えるんだからこの日が発売日でいいのにって最近思うけど。お店でいろいろと催し物があるので苦手な都会をハシゴしてきた。
4.JPG
まずは新宿のタワーレコード。7階のイベントスペースの展示物を見に行く。
5.JPG
新譜もこんなに大々的に。でも商品はオンラインで予約してあったので留守中に家のポストに入っているという不思議な現象。そしてその時店内で流れていた04 Limited Sazabysの新譜が気になり購入して帰る。クロマニヨンズが表紙の「音楽と人」もあったのに「MUSICA」を買っちゃうし。
7.JPG6.JPG
その後渋谷のHMVに移動。新宿から渋谷なんてもっとも移動したくない人混みゾーン。わたしにしてはけっこう頑張った。ここでは雑誌のインタビューで撮影されたヒロトとマーシーの写真が展示されている。でも想像していたよりも地味な展示で、商品棚の上に小さいサイズの写真が並べられているだけだった。無料だし写真撮っても怒られないし文句言えないけど。
8.JPG
この店でもフジファブリックの新譜が気になって購入。そして肝心のクロマニヨンズの新譜は家に帰ってからやっと手にするという不思議な日だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

学園祭メモ~自治医科大学~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

1.JPG
自治医科大学 薬師祭 薬師祭LIVE2018 キュウソネコカミ × SHE'S
2018年10月6日(土) 16:00開場17:00開演 
3.jpg
3年連続で大学の学園祭でキュウソネコカミ。今年のキュウソは学園祭が「なんちゃって学園祭ツアー」って名前になるほど学園祭が多い。でもこんなにあるのに日帰り圏内の関東は二か所だけ。当然どっちも行く!!
2.JPG
最初の自治医科大学は栃木県。思ったほど遠くなく、駅からも場所がわかりやすかった。チケットの先行発売がなくて、一般発売が仕事の日だったのでこんな番号だったけど1300番台まであったみたいなのでそんなに悪い番号でもなかった。

左端のフェンス3列目の場所をキープ。もうすこしセンター付近にも行けることは行けたが、空調が効いてなくて猛烈に暑い体育館内。始まる前にすでに汗だく。始ったら絶対に気分悪くなるだろうなと思って端っこにしといた。

対バン相手のSHE'Sは初めて聞いた。ヴォーカルがピアノ担当(もちろんグランドピアノではなく電子ピアノ)というちょっと珍しいバンド。知ってる曲はなかったけど、歌も演奏もすごくうまくてヴォーカルも端正な顔立ちで女子から人気ありそう。

キュウソは高須クリニックのCMソングと共に入場。その時は「なんでこの曲?」って思ったけど医科大学だからだったのね。途中でセイヤくんが白衣&メガネで登場したり、セトリに「ヤブ医者」が入ってたり医科大っぽくて面白かった。

イケメンのSHE'Sは関西の後輩バンドなのに、自分たちのMEN'S NON-NOに先に出たってかなーり僻んでいた。でも使ってる車は自分たちのおさがりだと自慢していた。キュウソのこういうトコが好き。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライヴメモ~KANA-BOON~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

KANA-BOONのGO!GO!5周年!ごっつ豪華な5シーズン シーズン4
Let's go 55 ONE-MAAN!!
2018年10月3日(水)4日(木)Zepp Tokyo 18:00開場19:00開演
6.JPG
ツアー2本目と3本目連チャンで参加。初日の水曜日は2階席でゆったり。2daysの場合はどちらか1日は2階席で見たいのでこれは最初から狙っていたチケットなんだけど、最後列はあまりにもひどくてちょっとがっかり。

ところがなぜかスタッフの人からこっそり声をかけられる。「前の席が空いてしまっているので移りませんか?」と信じられない問合せ。断る理由なんて全くない。自分が持っていたチケットの半券と引き換えでしかも「SNSで言わないでくださいね」って条件だったので呟けなくてモヤモヤしたけど。代えてもらった席はD列(最前列)18番。
7.JPG
初日の風景。2階席最前列の真ん中付近ってスーツ姿の関係者が座ってる事が多い場所。もしかしたら急遽なにかしらの変更があって空いてしまったのだろうか。演者の真正面が空席だと見栄えも悪いし埋めたかったんだろう。それを後ろに座ってる人を優先して声をかけてくれたのが嬉しかった。最後列を引くのも悪くないわね。ショパンのプレゼントかしら。
8.JPG
木曜日はわたしにしては珍しく小さい整理番号。でも最前列を取るには非常にギリギリの微妙な番号。家を出る前から緊張してお腹が痛くなるほど。早めに呼び出しが始まったら困るから17時半から待機。ドリンク交換もせずに走ったが、予想通り「ギリギリ最前列が埋まってしまう」結果に。最前列が取れなかったら端の方で見るのがいつものパターンなので一瞬悩んだが、せっかくだから2列目のベース前で待機。
9.JPG
2日目の風景。どセンターではないけど圧は凄い場所なので体力的に不安だったが、最後まで汗だくで耐え抜いた。自分の娘(いないけど)ぐらいの年齢の若いお嬢さんたちに負けない体力。中途半端な年齢の頃より体力あるんだよねー、最近。
10.JPG11.JPG
2日間ありがとう、Zepp Tokyo。楽しすぎて全く疲れなかった。初日の千葉LOOKで謎の不調を起こした鮪くんの喉は全く問題なくのびのびと楽しそうに歌っていてお母さんホロっとしたよ。
12.JPG
東京の缶バッチは東京タワー?なんかつまんないなー。

セットリスト(カッコ内は4日)
1.1.2.step to you
2.タイムアウト(机上、綴る、思想)
3.ディストラクションビートミュージック
4.ウォーリーヒーロー
5.クラクション(LOL)
6.talking(ロックンロールスター)
7.MUSIC
8.アスター
9.結晶星
10.涙
11.スノーグローブ(かけぬけて)
12.Fighter
13.ワールド
14.盛者必衰の理、お断り
15.フルドライブ
16.羽虫と自販機
17.彷徨う日々とファンファーレ
18.シルエット
19.夜の窓辺から
encore
20.ないものねだり
21.バトンロード

2日間ですっごくセトリが違う!って感激したけど、冷静に見ると違うのは4曲だけだったのかー。そして千葉はアクシデントのせいでやはり1曲(涙)少なかったんだな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライヴメモ~KANA-BOON~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

1.JPG
KANA-BOONのGO!GO!5周年!ごっつ豪華な5シーズン シーズン4
Let's go 55 ONE-MAAN!!
2018年10月1日(月) 千葉LOOK 18:30開場19:00開演
3.JPG4.JPG
初めての千葉LOOK。駅からの地図は何度も何度も確認したけど迷ったらどうしようと不安で仕方なかった。なにしろGoogleさんに教えてもらっても歩く方向を間違えるぐらいの方向音痴なので。駅前で明らかに同じ場所に向かいますねって服装の女の子の後ろをこっそり尾行してなんとか到着。

やたらと風通しの良い場所にあるライヴハウスで、台風一過で10月とは思えない位暑い日だったのに待機中に肌寒いほどだった。駅からは徒歩数分と近いがロッカーやクロークもないため、冬場だと駅のコインロッカーにコートを入れてから来なければならず(だから今までこのハコのチケットを取ったことがなかった)寒さとの戦いで大変だな。

大変だった9月を乗り越えてやっと迎えたツアー初日。キャパ200程度の小さいハコなので(なのに整番が200以上なのが謎w)後ろの方からだとステージがどこにあるのかさえ全く見えない。距離的にはすぐ近くなのにたまーに隙間から頭のてっぺんがチラ見えする程度。

最初の数曲は順調だった鮪くんの喉の調子が急に悪くなり、楽屋に戻って処置してみたりライヴハウスのスタッフに(たぶん喉に良いなにかが入っているであろう)紅茶を差し入れされて飲んでみたりいろいろと頑張っていたが治らない。アンコールの頃にやっといつもの鮪くんの声に戻った。本人が気にするほどすごく変な声だったわけではないが、喉に魚の小骨でも引っかかってるような感じで歌いにくそうだった。初日なのにってすごく悔しがっており振り替え公演が出来たらやりたいと言っていた。後日振り替え公演が決定した。チケットの半券だけで入場できるのなら良かったのに、もう一度申し込みをしなきゃいけないそうで、実は自分で取ったチケットではないので申し込みすることが不可能で行けないのであったΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン。
5.JPG
終演後に買ったグッズ達。袋が品切れで手渡しされて東京まで持って帰るのが大変だったよ。ご当地缶バッチはピーナツ柄。サブカル女子ではないので缶バッチまみれのかばんなどは持たないが、高いものではないから行く公演で全部買おうと思っている。

セットリスト
1.1.2.step to you
2.タイムアウト
3.ディストラクションビートミュージック
4.ウォーリーヒーロー
5.クラクション
6.talking
7.MUSIC
8.アスター
9.結晶性
10.スノーグローブ
11.Fighter
12.ワールド
13.盛者必衰の理、お断り
14.フルドライブ
15.羽虫と自販機
16.彷徨う日々とファンファーレ
17.シルエット
18.夜の窓辺から
encore
19.ないものねだり
20.バトンロード


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽