So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ライヴメモ~キュウソネコカミ~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

3.jpg
DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 EXTRA!! ~アウトドアマウス~
2019年7月15日(月) 日比谷野外大音楽堂 16:00開場17:00開演
5.jpg4.jpg
4月1日以来のキュウソワンマン、そしてものすごくお久しぶりの日比谷野音。とにかくチケットが取れなかった。友人と2人で申し込んだのだが3回ほどあった先行で2人ともすべて外れ。最後は一般発売に賭けるしかなく「これで取れなかったら多少の金積んで転売で買おうね」って密かに相談していたぐらい。大人なのでそこらへんは柔軟。一般発売はもちろん瞬殺で取れず、でも諦めきれずに何度もサイトを更新していたら20分後に「〇」の表示が!!最後まで手続きしないで放棄された分が復活したらしい。無事に定価で入手成功。
6.jpg
最後列だけどね 笑 いやぁ、見晴らしが良い事(負け惜しみ)

久しぶりに来たら座席がコンクリートから木に変わっていてびっくりした。あの椅子が痛くて冷たくて苦手だったのにかなり快適に。いつ以来来ていないんだろうと調べたらおそらく2014年の顧問豊作が最後なので約5年ぶり。この頃はまだ民生にも熱心だったんだなぁ、わたし。
7.jpg8.jpg
長梅雨の合間に奇跡的に雨がやみ、用意して行った雨具も必要なかった。なんならちょっと蒸し暑いぐらいでお土産に配られたうちわの風が心地よい。友人がチケットを家に忘れてくるという大ハプニングもあったが、羨ましいぐらい都会の人だったので取りに戻って開演15分後(3曲目)に間に合うという奇跡。

滅多にない座席指定のキュウソのライヴは貴重で楽しい。野音がソールドアウトしたことが嬉しかったのか、なんだかやたらとはしゃいでいた。立見席の人達の事も気遣ったり、開場の外で音漏れ待機している人達とコール&レスポンスをしたり。ものすごく優しくて良いヤツ。レコ発ツアーではないので、新旧織り交ぜたセットリスト、これ何のカップリングだったけ?と思い出せないような曲まで。
12.jpg
野音はやっぱり夜がいいよね。最後の方の演出で銀テが放出されたが、もちろん最後列まで届くはずもない。でも終わってから外で配ってくれてるファンの人がいたので頂いてきた。あ~こんな気配りしたことなかった。また若い人から優しさを教わった一日。
9.jpg
お土産のステッカーと頂いた銀テ。

セットリスト
1.キュウソネコカミ
2.MEGA SHAKE IT!
3.メンヘラちゃん
4.KENKO不KENKO
5.ファントムヴァイブレーション
6.超えて行け
7.ビビった
8.サギグラファー
9.ギリ昭和
10.JP
11.たば狂
12.馬乗りマウンティング
13.イキがいいのだ
14.夏っぽいことしたい
15.K君
16.米米米米
17.家(米バージョン)
18.DQNなりたい、40代で死にたい
19.KMTR645
20.新曲(タイトル未定、発売も未定 笑)
21.推しのいる生活
22.何もない休日
23.真面目に
24.5RATS
25.The band
encore
26.GALAXY
27.ハッピーポンコツ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワクチン接種 [犬・猫]

1.jpg
9日(火)に浩人のワクチン接種に行って来た。

浩人は拾ったのが6月1日だったため、ワクチン接種の1回目が7月2回目が8月。2回目の接種から1年後が毎年の接種月になるハズなのにいつの間にか毎年7月になっている。病院まで車で行く様な距離ではないし、そもそも都内の駅前の病院に駐車場など完備されているわけがない。なので当然自転車通院。一番暑い季節にキャリーバッグに大猫を詰めて通院するのが心配だから早めに接種したんだっけ?とにかく毎年7月に通知がくる。

その7月が去年はものすごーーーく暑くて、終わりごろになんとか最高気温が25°ぐらいの日があったので滑り込みで連れて行った。今年は涼しくて楽だわね。あっさり7月上旬にワクチン接種を済ませることができた。暑いのが嫌いだから冷夏は大歓迎。このまま秋になって欲しいぐらい。
3.jpg
カナダ旅行のお土産にメイプルシロップを頂いたのでホットケーキを作って食べた。メイプルシロップの利用方法がホットケーキしか浮かばない単純脳。なぜか翌日に猛烈下り坂(腹が) バターを大量に摂取したから?そしてほんの少ししかかけなかったメイプルシロップは激甘だったので今年いっぱいもういりません。ホットケーキはバターだけで食べる方が実は好き。
4.jpg
7月10日は志村くんの39回目の誕生日。今年こそお墓参りに行こうと思っている。山梨は暑そうだから夏が終わったら。

一昨日からほんのりと左足の親指付け根が痛い。薬で尿酸値は正常範囲になったのに、また発作?明日は遊びに行くので念のためロキソニン服用中。いっぱいもらっといて良かった。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

FAB BOX Ⅲ上映會 [ライヴ・イベント・その他娯楽]

フジファブリック 志村正彦没後10年『FAB BOX Ⅲ 上映會 』
2019年7月6日(土) ふじさんホール 15:15開場16:00開演
1.jpg
生前の志村の残された映像をDVD化、そして発売前にダイジェスト版を志村の故郷で上映するというイベント。なんとかチケットが取れたので富士吉田まで行って来た。新宿からバスなので酔い止めは欠かせない。
2.jpg
最寄り駅の月江寺駅。びっくりするぐらい寂れた小さな駅。自動改札もなかった。そんな小さな駅なのに駅前にはフジファブリックファンがわらわらと。
3.jpg
志村の同級生「路地裏の僕たち」による展示会も開催されていたので、それに並ぶために早めに行った。こっちはチケットが無くても入れるのでかなりの人。
20.jpg
1時間ぐらい並んでやっと入口へ。とにかくこの日は寒かったので屋外で並んでいるのが辛かった。東京と気温が全然違う。
5.jpg11.jpg6.jpg7.jpg8.JPG
手前の撮影OKエリアの写真。中の展示物は以前見たことがあるものも含まれていたけど、貴重な衣装とか靴とか楽器とか志村の愛用品であふれていた。この「路地裏の僕たち」主催の展示会は以前にも富士吉田で開催されていた、確か最初は志村の命日である12月24日前後だったような記憶。年末に休めるわけがなく泣く泣く諦めた。やっと念願かなって見られたのでこのためだけに来たって言っても過言じゃないぐらい。
9.jpg
上映會の内容はハッキリ言ってちょっとお粗末。ライヴの資料映像として撮っていたハンディカメラの映像なので画質も音もかなり荒いし、手前に観客の手が映っちゃってジャマ。動いている志村を見られるのは嬉しかったけど、あまりにも死人商売が過ぎるんじゃないのって印象。あくまでも個人の感想ですけどね。
10.jpg
それでも志村の生まれ故郷にやっと行けたので楽しい1日だった。憧れの下吉田てくてくMAPも頂けたし。本当はお墓参りをしたり忠霊塔に行ったりしたかったが、この日はどこに行ってもファンの人ばかりだろうからやめておいた。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

猫は丸くても長くてもかわいい、そして少しだけライヴメモ [犬・猫]

4.jpg
丸い猫代表えみちゃんちののあちゃん。昨日までお預かりしていたお姫様。なんたって太目。縞々模様が横に伸びちゃってるぐらい。やけに短足だなーと思ったらお腹が弛んで下に下がっているからだった。体重6キロ超え。健康の事を考えなければ猫は太目でも可愛いよね(犬の太目は絶対嫌だけど)
5.jpg
長い猫代表うちのまぐろ。えみちゃんがプレゼントしてくれた縦型の爪とぎをとても気に入って毎日長く伸びている。とにかく体が小さくて顔も細い。小柄な子が伸びると異様に細長く見える。体重は3.7キロしかないが実はそんなにガリガリなわけではなく結構みっちりと詰まっている感じ。まぐろがまだ野良猫だった頃にまぐろのお母さんも見たことがあるが「子猫が子猫を生んだの?」ってぐらいお母さんも小さかった。
1.jpg
ブギ連LIVE 「ブギる心」
2019年7月4日(木) 渋谷クラブクアトロ 18:45開場19:30開演
3.jpg
憂歌団の内田勘太郎とザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトのの新ユニット ブギ連の初ライヴ。わたしは運よく友人が一発目の先行で当ててくれたけど、チケットが取れないったらないライヴだった。

でもね、大きな声じゃ言えないけど、周りが大絶賛してるから誰にも言えなかったけど、アルバムを聴いた時から「あんまり好きな音楽じゃないなぁ」って思ってたのはきっとわたしだけ。うまいし渋いしかっこいいなとは思うんだけど好みじゃないの。なんか大人っぽすぎるっていうかなんというか。
2.jpg
飲み会は楽しかった。痛風なのにビール飲んでいいのか、わたし。最近、ヒロトも民生も以前ほどの熱がなくてかなり冷め気味なのだが、こちら関係はお友達が多いから「友達に会いにライヴに行ってる」感じになっている。わたしの有給とお小遣いは鮪とセイヤに費やしたい、でもこっちはファンが若い子ばっかりでお友達がほとんど出来ないので孤独。1人でも平気だけどたまには大勢で騒ぎたいしなかなか複雑だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

さようならお姫様 [犬・猫]

家の中でどこに行ったかわからなくなっては健康管理が出来ないので、お泊り頂いている6畳間の引き戸は「猫が出入り出来ないぐらいの隙間」にしてあった。少しずつ慣れてきてくれたのでお泊り最終日は戸を全開にして自由にしてみた。
2.jpg
以外とあっさり冒険に出たお姫様。屋根裏部屋に上がったり母の部屋に行ってみたり。そして遊び飽きたら自分の部屋に戻ってきてご飯を食べていた。
1.jpg
やっと可愛い顔が撮れた!!すっかりこの部屋は自分の縄張りになったらしい。閉じ込めなくてもちゃんと戻ってきてお気に入りの巣穴(家具の隙間)に入って行った。
3.jpg
飼い主である友人のお迎え待ち中。部屋の中でこんなリラックスした姿まで見せてくれるように。今まで「シャー」とか「プー」とか「ウー」しか言わなかったのに初めて「ニャウ」って鳴く姿も目撃。やっと慣れてきたのになぁ、お別れするの淋しい(´;ω;`)ウゥゥ
4.jpg5.jpg
おかーさんが迎えに来て犬のように喜ぶお姫様。嗚呼、こんな顔一度も見せてくれなかった、ちょっとジェラシー。隣にいて「グルグル」が聞こえるぐらいの感激っぷり。

帰ってしまった後は部屋がガランとして寂しかった。落ちてるトイレ砂を見て泣きそうになったり。よそんちの子なのにペットロス。今回の滞在中のうちの子達の反応。浩人は興味津々、民生はちょっとだけ気になる様子、まぐろは怖がって近寄らなかった。オスとメスだからなのかもしれないが、誰ともケンカにならず、猫同志は至って平和。お姫様が警戒したのは人間に対してだけ。
6.jpg
末っ子のまぐろだけは「僕よりもその子が大事なの?」って拗ねているような感じだった。お帰りになった後は思う存分甘えまくり。来月も飼い主が遊びと出張とで家を空けるそうなので、またご滞在になるかも。でも、うちはエアコンがない部屋が多いのでお姫様が暑さに耐えられるかどうか不安。マンションと一戸建てでは室内の温度も違うだろうけど。というか、実際に住んでいる人間も犬猫も死んだことがないので大丈夫だわね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

久しぶりにMRI。 [日々の戯言・雑記]

数年ぶりにMRIとMRAの検査をした。と思ったんだけど、数年前にやったと思っていた検査と違ったのであれはCTだった模様。「息を止めてー」って指示が全くない、最初からヘッドフォン装着、ヘッドフォンから流れる安らかな音楽が全く聞こえないぐらいの機械音がうるさい、おや?これは違うぞって中に入って気付く。それでもすぐに寝ちゃったけどね・・・(/ω\)

一番最初に救急搬送されていろいろ検査された時にCTとMRIを両方やったんだけど、なにしろ痛くてもんどりうっていたのでどれがなにか定かではない。そしてお会計も親任せだったので「高かった」って聞いただけ。
3.jpg
完全予約制なのにやたらと待たされるからそこらへんに置いてあった価格表を見てビックリ。いや、ちょっと待て。こんな大金持ってきてないぞ。ここから保険適用されて3割負担になるんだよね?それにしても思っていたよりも高いぞ。検査前に血圧上がるし汗かくし。

結果、7840円と全く謎のお会計だった。あの料金表は個人で受ける脳ドッグみたいなヤツなのかな?とにかく健康保険ってありがたいわねぇとしみじみ。普段は「あー!今月もこんなに引かれてる!」と不満だらけだったけど。でも、終わってからずっと目が痛い。電磁波が目に悪いなんて症例があるのだろうか。
1.jpg
あっという間の一週間で明日は飼い主の友人が迎えに来る。ご飯係だという認識だけは頂けたようでお食事を用意するとすぐに出てきてくれるようになったお姫様。気配を消してオブジェと化して観察する事までは出来るようになった。でも写真を撮ろうとした瞬間にこんな怖い顔に。可愛い子なのになー。
2.jpg
そしてキヨちゃん完全復活。元の顔に戻りました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お姫様滞在中 [犬・猫]

海外旅行に行く友人宅の猫(メス10歳)を預かる事になった。なんか先日のユニコーンライヴ後の飲み会で「こんどカナダに行く時に預かってもらっていい?」って話になり、今までもペットホテルや実家に預けた事があるそうなので安易に「いいよ~」って承諾。だって猫4匹になるし女の子に触りたいしむしろこっちもノリノリ。

26日の夜に立派なキャリーバッグに入ってやってきたお姫様。使っていない納戸の様になってしまった6畳間を精一杯片付けて(でもまだ半分納戸状態)そちらにお泊り頂く事にした。翌朝見に行くとバッグの中にいない、部屋の中にもどこにもいない。でも、出入り口は閉まっているのだから消えていなくなるはずがない。必死に探したら「まぁよくぞこんな隠れ場所を見つけたね」ってところに潜んでいた。ケージに入れようかと悩んだんだけど、檻の中で丸見えよりもこの方が落ち着くかな。
4.jpg
うちの猫達とはご対面させていないが、当然何かいる気配は察するハズ。浩人はソワソワしてるしまぐろはなんか拗ね気味。あなたがあの部屋で隔離されている時に浩人もそうやって拗ねていたんだよ。

お預かりしてから24時間経過しても餌も全く減っていないしトイレも未使用。かなり太目のお姫様なので食事は何日か採らなくても問題ないだろうが、トイレ未使用がとても心配。隠れている奥でしちゃってるのなら良いけどストレスで排尿困難になっていたら?水も飲んでいないかもしれないし脱水症状だったら?明日の朝になってもこのままだったら無理やり引きずり出して病院に連れて行かないと危ないかな・・・。安易に引き受けたけど「命をお預かりする責任」がドーーーンとのしかかる。

心配で心配で目覚まし時計が鳴る前に目が覚めた翌朝の28日朝、恐る恐る覗きに行くと餌が減っていてトイレに「大」が!!トイレが汚れていてこんなに嬉しかった事は人生で初めてかも。さらに昼休みに覗いたら今度は「小」も確認。あ~~ホッとした(´;ω;`)
1.jpg
そしてこの日の夜には室内に姿を現したお姫様。シャーーと威嚇しながら向かって来た。元気で良かった。一週間のご滞在でどこまで心を開いて頂けるかしら。触りたいとか4匹で遊んでいる姿を見たいとかそんなのはとっくに諦めた。お帰り頂くまで体調を崩さないでください。でも預けた友人は全く心配してなくて経過報告したら「実家に預けた時もそんな感じだったから全然平気よー」とケロっとしていた。こんなおおらかな性格になりたい。

2.jpg3.jpg
26日→27日。キヨの目は確実に治ってきた。自然治癒力って素晴らしい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

14歳の誕生日 [犬・猫]

2.jpg
民生が14歳になった。14年前の8月にうちに来た時は先代の柴犬・裕次郎が12歳でショパンが7歳。最初から三番手だった民生。その後裕次郎が他界してキヨに代り、黒猫が2匹増える事になるが、不動の大長老ショパンの陰でお年寄り感を全く感じさせずにここまで来た。

でも気づけば14歳だよ。ショパンが軽々と20歳を超えたのでまだまだ若造な感じがするけど、変な話亡くなる猫がいてもおかしくない年齢なのだ。今までお誕生日ケーキ担当はショパンだった。ショパンがいない初めての年、今年からは最長老になった民生がケーキ担当。
3.jpg4.jpg5.jpg
ショパンの時は名前が恥ずかしくてプレートに書いてもらった事がなかった。誕生日おめでとうだけとか名前をおじいちゃんにしたりとか。たみおなら人間にいてもおかしくない(というか事実いる)ので堂々とお願い出来た。でもなんかすべてケーキにピントが合ってしまって民生がピンボケ・・・。
1.jpg
平岩さんに書いていただいた5匹のイラストと一緒に撮ってみてもやっぱりケーキにだけピントが合う。そりゃ、ちゃんとしたデジカメじゃなくてスマホのカメラだけど、普段ここまで手前にだけピントが合うってことないのにな。このケーキなんだ??そしていつの間にか額の中でズレていた平岩さんのイラスト。申し訳ないっす。

ちなみにケーキ担当が一匹だけなのは、全員分やると「あとで美味しく頂くスタッフ」が太ってしまうから。ケーキはもちろん人間用で、動物は一緒に撮るだけ。犬猫には別途「美味しい缶詰」とか「味付けしてないステーキ」とか用意してお祝いするよ。

nice!(1)  コメント(0) 

キヨ、目を患う [犬・猫]

KANA-BOONのライヴで前日から緊張していた日曜日、実は朝からキヨの具合が悪かった。やけに人の動きを怖がり顔に触られる事を嫌がる。散歩に行くためにハーネスを装着しようとしてもキャンキャン騒ぐ。どこが痛いのかチェックしてみるとどうやら目の様子。そういえばものもらいが出来たみたいに瞼が腫れているような・・・。でも日曜日だから午前中で病院も終わりだし、夜は大事なライヴだしって心配しつつも出かける。
1.jpg
帰ってきたら凄い顔になっていた。腫れもヒドイがとにかく痛がり方が尋常じゃない。食欲と便通には問題がなかったけど、しょんぼりして遊ぼうともしない。
2.jpg
翌日、24日月曜日の朝。目ヤニまで出てきてますます痛々しい。この日は朝から雨、朝の散歩で顔に雨粒があたっただけで痛がる。仕事は休めないので出勤。雨がやまなかったら病院にも行けないからハラハラしながら過ごす。夕方に奇跡的に晴れたのでやっと病院へ。

一目見て「この位置からして歯かもしれませんね」とまず歯周病からくる腫れを疑われるが歯茎には問題なし。次はやけに眼圧を測られる。なんと柴犬は緑内障の罹患率がものすごく高いそうだ。えーーー、認知症とアトピーだけでも困るのに緑内障まで??幸い眼圧には問題がなくてひとまずほっとする。
3.jpg
24日夜、病院から帰って時のキヨ。

結局角膜に小さな傷があった。もしかしたらまぐろと遊んでいる時に怪我したのかもと思ったけど猫にひっかかれた傷ならこの程度では済まないそうで、傷がついた原因は不明。それにしては痛がりすぎなのではと質問したら「角膜の傷は骨折と同じぐらい痛いハズですよ」と言われた。犬って痛い時に大袈裟に痛がるから、心配しながらも「またまた~、そこまで痛くないでしょ」と半分信用していなかった。今度は本当だったんだね、ごめんよキヨ。そういえば、レーシックの手術をして麻酔が切れた後は激痛だったっけ。骨折はしたことがないので比べようがないが。でも、先生が治療している時は一言も発さなかったから、やっぱり大袈裟疑惑は残る。家族の前では歩くだけで大騒ぎだったのに。

特に薬は必要がなく経過観察。普段から過剰な治療はしない良心的な先生なのだが、こんなに腫れてるのに経過観察だけ~?ってちょっと物足りないような。でもまぁ、良かった。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ライヴメモ~シナリオアート・KANA-BOON~ [ライヴ・イベント・その他娯楽]

1.jpg
シナリオアート結成10周年記念 10都市対バンツアー
[Scene #6] 空白のスゴロクツアー
2019年6月23日(日)渋谷WWWX 17:00開場17:30開演

KANA-BOONのベーシスト飯田佑馬が休養を発表してから初めての公の場でのライヴ。対バンライヴにありがち(というかほぼそうなんだろうけど)な「後から対バン相手を発表するパターン」だったため、整理番号は当然大きい。でもシフトの提出前にわかったから休みは取れたし、東京に住んでいてよかったなぁって心から思ったこの日。
2.jpg
2年ぐらい前に1回だけ行った事があるライヴハウスなんだけど、その時は曲がり角がわからなくて遥か先まで歩いて行ってしまった。今回は無事に到着。あんな大変な騒ぎになってしまってめしだ本人はもちろんバンドのメンバーも相当精神的に参っているはず。母心でドキドキが止まらない。
3.jpg
遅い番号で入場したけど、いつも通り下手から前方の空いてる場所を探しなんとか3列目で待機。1人だから当然静かに待っていた。でもどこかでKANA-BOONファンだとわかったらしく、前にいたシナリオアートファンの若い女の子2人が「前に行きますか?」って場所を代ってくれた。なんて親切な、なんて思いやりのある、なんて優しい!!

心臓バクバクしながら2列目で登場を待つ。出てきた瞬間にほっとして涙がボロボロ。めったに泣かないのになぁ。サポートベースを引き受けてくれたシナリオアートのヤマシタタカヒサさんは短い期間で完璧な演奏。ベースが変わるとバンドの音はこんなに変わるのかってビックリΣ(゚Д゚)盛り上げてくれつつも前に出過ぎないようにすごく素敵な演奏だった。鮪くんも元気で楽しそうで「この瞬間を見られて本当に良かったなぁ」と感無量。KANA-BOONのワンマンの時と違い後ろからギュウギュウと押される事もなくとても良い空間だった。

4.jpg
KANA-BOONが終わったら場所を代ってくれたシナリオファンの方にお礼を言って下がる。実はこの日は直前でお知り合いになったTwitterのフォロワーさんが来ていてDMを送ってくれていた。セットチェンジの間に後方で落ち合い、シナリオアートは2人で観戦。超絶人見知りなのでこちらから「会いましょう」って言わないタイプ。声かけてくれるとすごく嬉しい変な人見知り。キュウソに続きKANA-BOONでもお友達が出来た。SNSが主流になって共通の趣味の友達は探しやすくなったとは思うけど、ファンの年齢層と合わない場合出会いは少ないのよ。

KANA-BOONセットリスト
シルエット
1.2. step to you
ハグルマ
talking
結晶星
ないものねだり
フルドライブ
バトンロード
まっさら
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -